東京で霊園を探すポイント

東京の霊園は多く、選ぶときに悩んでしまいがちです。
霊園を選ぶときは、宗旨や宗派、立地、価格、環境、整備、管理のポイントを重要にする必要があります。

宗旨や宗派の上限はその園や墓地によって様々であり、自分が属している宗旨や宗派は何か、どうしていきたいか、ということをまず考える必要があります。近年は仏教であればどの宗派でも問わないというところもありますが、仏教以外の宗教や、仏教であっても新宗教の場合は購入することができないということもありますから、問い合わせる必要があります。

立地についてですが、最低でも年2回はお墓参りに行くことを考えて、行きやすいところを選ぶことが大切です。東京都内は交通利便性が高いエリアが多く、自宅のすぐ近くに買うことができなくても、交通アクセスのよいところがあれば時間をかけることなく行けることもあります。墓地までどのルートで行くことができるのかを調べたり、徒歩の場合は周辺の地形を事前に確認して、苦労せずに行けることを調べる必要もあります。

そして価格ですが、墓所を購入するためには、墓地の永代使用料、年間管理費、墓石代と据付費用が必要になります。その他、開眼、供養のお布施などもかかるため、価格の内訳がどのくらいかかるのか、事前に管理事務所や石材店に聞いておくことは、トラブルを回避することには大切なことです。

墓地の環境は、日当たりや風通し、水はけのよいところを選ぶことが良いです。森や林を造成して作られたところは大雨などによって土砂崩れなどが気になるものですから、地盤の強さも考慮すべきです。
また、管理事務所や駐車場、休憩所などの設備があることは非常に魅力があります。近年は、墓地全体をバリアフリーにし、お年寄りや体の不自由な方でも無理をせずに墓参りができるように考慮されたところも増えていますから、年齢を重ねたときの事を考えて、そのような施設を選ぶという事も重要視しなければなりません。
墓地では、管理者が定期的に掃除や見回りを行っていますが、管理事務所がなかったり、管理者がいない墓地の場合は、掃除や備品の管理がしっかり行われていないこともありますから、管理体制はどのようになっているのかを調べておくことも必要です。

墓地は最近ではインターネット上でも大きく宣伝され、容易に探すことができるようになってきました。
便利な検索機能も多くついている場合もあるので、労力や手間がかかることもありませんのでおすすめの方法と言えます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*