動物を守ろう

先日、フェイスブックで「チワワがもうすぐ処分されてしまいます。飼い主を探しています。」という記事が私の所に舞い込んできました。

色んな人がシェアしたのでしょうか。沢山の人がコメントをしていました。

後、2日で誰も引き取り手がいない場合は保健所で処分されてしますそうです。

私がコメントを見ている限りでは同情のコメントしか載っていませんでした。

「可愛いそう・・・」「誰かかってあげられないかな・・・」

酷いかもしれませんが同情のコメントならしない方がマシではないでしょうか。

誰だって同情するのは当たり前です。

今、そのチワワにとって一番大事なのは同情のコメントではなく、飼い主、または一時的に引き取ってくれる人なのです。

同情のコメントを増やしてどうするのでしょうか。

その記事を書いた人は、必死にそのコメントを書いた人達に「むりでしょうか」と頼んでいました。

しかし、誰も色んな理由があって買えなかったのです。

その中にも、「沢山の動物がこの様な状態です」とリンクを張る始末。

今、そのチワワに他の動物も同じ状況なのですと言える余裕がありますか。

私は、色んな意味で切ない気持になりました。

本気で可愛そうと思うなら一時的にでも引き取ってあげるべきなのではないですか。

そのリンクを張った人も、リンクを張るくらいなら一時的にでも引き取ってあげればいいのです。

チワワには何も罪は有りません。無責任な飼い主がペットを飼いきれなくて捨てたのか、何処からか逃げてしまったのか、保健所に連れて来られるまでの要因は様々でしょう。

動物に責任は有りません。チワワなんて特にそうでしょう。人間の手で組みあわされて小型犬のペットブームのときにはかなり多くの小型犬が生まれました。

しかし、この小型犬ブームが落ち着いた頃に沢山の小型犬が捨てられました。

基本的に捕獲されたり、保健所に持ち込まれた犬や猫、動物はある一定の期間で引き取り手がいない場合は、処分されてしまうのです。

それを食い止めようとあらゆる団体、ボタンテシア団体がいます。

しかし、国はちゃんとした法律を定めていないようです。

ペットを今から飼おうと思っている人にききたいです。

ペットを最後まで家族としてちゃんと育てる事が出来ますか。

一時的なブームからペットが欲しいという理由ではありませんか。

何があってもペットを守ろうと言う気持ちはありますか。

ちゃんと考えて命を大切にしていきましょう。

ペットを飼うと言う事は命を扱うと言う事なのです。

自分の赤ちゃんをそだてるのと同じ事だと思います。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*